So-net無料ブログ作成

映画「バケモノの子」のあらすじ、声優の紹介、感想など(動画あり) [映画]

映画「バケモノの子」のあらすじ、声優の紹介、感想など(動画あり)

細田守監督の最新作「バケモノの子」が
2015年7月11日(土)全国上映です!



※参照元

細田守監督が制作する長編アニメの映画はおよそ3年ぶりとなります。

渋谷が舞台となった冒険活劇で、人間の世界とバケモノの世界、
二つの世界を行き来できる主人公の少年「蓮」の成長の過程を
「家族」「親子」という視点をテーマにした今回の作品。



今回は「バケモノの子」のあらすじ、声優の紹介、感想などを取り上げていきます。

「バケモノの子」 あらすじ

1人ぼっちの少年は「渋谷」から、異世界の街「渋天街」に迷い込む。

そこは人間界とはちがう動物のようなバケモノが住む世界だった。

年は「渋天街」でクマのようなバケモノ、剣士・熊徹と出会う。



※参照元

徹は剣の腕前は一流だが、身勝手な性格であり、少年と同じく孤独だった。

年は熊徹の弟子になり「九太」と名づけられ、熊徹と一緒に修行や冒険の日々を送っていく。 スポンサーリンク

「バケモノの子」 声優

役所広司(熊徹)
20150415_02_04.jpg
※参照元

宮﨑あおい(九太・少年期)
20150415_02_06.jpg
※参照元

染谷将太(九太・青年期)
20150415_02_05.jpg
※参照元

広瀬すず(楓)
20150415_02_07.jpg
※参照元

大泉洋(多々良)
リリー・フランキー(百秋坊)
津川雅彦(宗師)

スポンサーリンク

映画「バケモノの子」 感想

熊鉄と九太の関係が親子、師弟、友達、ライバルにも見えたりして、
力強さと繊細さがちょうど良く描かれていました。

本来は荒々しいシーンにまで美しさがあり素晴らしいです。


※参照元

少年期と青年期を二人に分けたのも効果的。
可愛らしいチコの存在感も良いです。

映画のストーリーに秀逸さもさることながら、
先ほど紹介したように、声優陣の評価が素晴らしく高いことが伺えますね。
ストーリーも緻密に構成されていて面白いです!



アニメでありながら現実世界の問題提起も含まれていたりとか、
裏に隠された意図などもあってとても奥深い内容です。

細田守監督の映画は「家族」「親子」などの「身近な人」との関わり方を描く作品が多く、
見終わった後は、 今日より明日は少しだけ人に優しくなれる。そんな気がします。

ぜひみなさんも映画館で見てみてくださいね!

細田守監督の最新作「バケモノの子」
2015年7月11日(土)全国上映です!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
世界中の人たちが幸せに生きられますように^^



スポンサーリンク


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました