So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
国際ニュース ブログトップ

レオナ・ヘルムズリーの遺書で認められなかった最後の願い [国際ニュース]

少女は母から

「おとぎ話の主人公になりなさい。プリンセスになるの。
そうしたら絶対に幸せになれるから。」

その少女は大人になり、全米を騒然とさせ、
後世語り継がれる人物となった。

その少女の名は

リナ・ミンディ・ローゼンタールのちの名はレオナ・ヘルムズリー

そんな彼女につけられた異名は

Queen of Mean (意地悪女王様)


レオナ・ヘルムズリーは遺言で、
1200万ドル(当時のレートで14億円)を
愛犬の白いマルチーズ「トラブル(Trouble)」に
遺すとして、話題となった人物。

そんな遺言を遺しこの世を去った
レオナ・ヘルムズリーとは
一体どのような人物だったのか。

スポンサーリンク




Queen of Mean (意地悪女王様)レオナ・ヘルムズリー


レオナ・ヘルムズリーの遺書で認められなかった最後の願い.jpg
レオナ・ヘルムズリー(Leona Helmsley)
本名 リナ・ミンディ・ローゼンタール
生年月日 1920年7月4日-2007年8月20日没
没年齢 87歳

ポーランドからの移民ユダヤ系でもあった
レオナ・ヘルムズリーは
1920年7月4日に帽子屋の娘として
ニューヨーク郊外に産まれた。

レオナ・ヘルムズリーの一家は非常に貧しかった。

貧しいが故に6回の引っ越しを繰り返す。

そんな時にレオナ・ヘルムズリーの母が言っていた言葉が

「おとぎ話の主人公になりなさい。プリンセスになるの。
そうしたら絶対に幸せになれるから。」

その頃からレオナ・ヘルムズリーの
プリンセスになるという
おとぎ話のストーリーは始まっていた。

それはお金に対する執着の始まりでもあった。

レオナ・ヘルムズリーは
マンハッタン・リンカーン高校に進学するが中退。

その後1941年、21歳の時に
弁護士のレオ・パンジレと結婚。

1児の男子をもうけるも1952年に離婚。

離婚した翌年の1953年33歳の時に
衣類会社社長・ジョセフ・ルービンと再婚

しかしジョセフ・ルービンとの生活は7年で
ピリオドとなり、1960年に離婚。

レオナ・ヘルムズリーは離婚後に、
ニューヨークにある不動産会社に入社。

そこでビジネスの頭角を現しだし
販売員から副社長までになった。

そして1964年には、生涯の夫となる
不動産王ホテル経営者ハリー・ヘルムズリーと出会い結婚。

レオナ・ヘルムズリーの遺書で認められなかった最後の願い (2).jpg

ハリー・ヘルムズリーとともにレオナ・ヘルムズリーは
エンパイアステートビル、パレスホテル、
ヘルムズリービルディングを含むニューヨークの
一等地不動産などがレオナ・ヘルムズリーの所有となった。

レオナ・ヘルムズリーの夢でもあった
プリンセスストーリーがはじまった。
ただおとぎばなしのように
決してステキな話しではなかった。

スポンサーリンク





徹底したサービスで評判となったホテルの裏には
徹底したケチケチ経営があり、
それとともに従業員たちに対する意地悪や
嫌がらせがあった。

そんな彼女につけられたあだ名が

Queen of Mean (意地悪女王様)

さらに資産が莫大になるレオナ・ヘルムズリーの
お金に対するビッグマウスはエスカレートし、
世の批判をかった。

フィリピンの当時の大統領でもある
夫人イメルダマルコスの隠し財産について
「たった800ミリオン?私なんてもっとあるわよ!」

さらにレオナ・ヘルムズリーの従業員への横暴な態度は
エスカレートし、従業員から
不当解雇などの理由で訴訟を起こされ続けた。

そして1990年代初頭、
脱税と経費の私的利用の罪で起訴されます。

「税金なんて、小市民が払うものでしょう。」

「追徴金支払うぐらいなら、
刑務所に行く方がましよ」

レオナ・ヘルムズリーへの判決は服役18か月と社会奉仕。

スポンサーリンク





1993年に服役を終えたレオナ・ヘルムズリーを
待っていたのは次々とくる元スタッフからの訴訟。

またビジネスパートナーたちからも、
放漫経営を理由に訴訟をおこされた。

さらに追い打ちをかけたのが
1997年ハリー・ヘルムズリーの死去。

それらの訴訟の支払いに応じたのち、
改心したのか残された莫大な財産で
慈善活動家として活動をはじめるレオナ・ヘルムズリー。

9・11同時多発テロの際には遺族や医療機関などに
計3500万ドル(約40億円)を寄付したのは有名な話し。

そんなレオナ・ヘルムズリーにも死期が訪れた。

2007年コネチカット州グリニッジの豪邸で
「わたしのおとぎ話は終わった」とい言い残し
レオナ・ヘルムズリー(87歳)は生涯を終えた。

死因は、うっ血性心不全だった。

スポンサーリンク




全米が騒然としたレオナ・ヘルムズリーの遺書


莫大な遺産を残し旅立った
レオナ・ヘルムズリーの遺書に全米が話題となった。

その遺書によると

遺産相続の最高額1200万ドル(約14億円)を
相続をしたのは、レオナ・ヘルムズリーの愛犬「トラブル」

レオナ・ヘルムズリーの遺書で認められなかった最後の願い (3).jpg

つまり犬に14億円の遺産を相続させたのだ。

残りは弟 ヘルムズリー・ローゼンタールに、
1000万ドル(約12億円)
※トラブルの世話をする条件つき

孫4人のうち、2人に500万ドル(約6億円)
※最低年1回はハリーの墓参りをする条件つき

のこり2人の孫は、0円。

理由は非公開だがレオナ・ヘルムズリーの遺書には
これついてこう書かれていた。
「彼らも知っている理由により」

しかしこの遺書に対し親族が不当とし
遺書の遺言の効力は無効であるとして提訴。

この訴えが認められて

愛犬「トラブル」の相続は1200万ドル→200万ドルへ減額。

相続0円とされていた孫2人については、
400万ドル、600万ドルと相続が認められた。

そんな世界一の金持ち犬のトラブルは、
2010年12月13日に12歳で死亡。

200万ドルの遺産は、慈善信託基金に引き継がれた。

しかしレオナ・ヘルムズリーの最後の願いでもあった
「トラブルと同じ墓に埋葬すること」

との遺言は、レオナ・ヘルムズリーが埋葬される
ニューヨーク郊外の墓地は、
動物の埋葬を禁止しており
最後の願いは未だ叶っていない・・・

共通テーマ:テレビ

悪い子に「おしおきカット」する床屋「ラスティ フレッド」とは?画像 [国際ニュース]

悪い子を波平の髪型にする床屋 「おしおきカット」が米国で話題に(画像あり)


昨今では、子供のいたずらでも手をあげれば「虐待」と思われてしまう。
でも過保護に育てたいわけではなく、「いけないものはいけない!」と言いたい。
そんな親たちのジレンマの解決を、

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

後藤健二さん殺害!「日本人記者を誘拐せよ」 人質ビジネスの横行 [国際ニュース]

後藤健二さんの殺害ニュースが乱立する中でイスラム国の支持者らが
日本人記者を標的にした書き込みをツイッター上でしている
現地では人質を売買する誘拐ビジネスが横行しているようで日本人が危険にさらされている状況だ。

 シリア北部では昨年以降、通訳やガイドを装って外国人に近づき、

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
国際ニュース ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。